【16/17プレミア】エバートン対リバプール

グッディソンに乗り込んでのダービーはマンデーナイト。
まずは両チームのスカッドから。

c0d5eydwqaelzuq

ジャンとスタリッジがサブに戻ってきました。
前節に引き続きマティプは欠場です。足首が治りきらないのでしょうか?

c0d54ptxcaehko8

一方、前節アーセナルを破ったエバトンは、出場停止のジャギエルカからフネス・モリです。
ボラシーも怪我のため欠場です。

630259898

ライトアップされたスタジアムってキレイですね。

630263392
ダービーということもあってか、レジェンドも結構来ていたようです。

開始直後から声援に押されるようにお互い前から激しいプレスをかけます。

630265670
4分、2本続けて左サイドを深くえぐられコールマンにクロスを上げられます。ミルナーとヘンドは守備に追われそうです。

6分、フィルミノが中盤でボールロストし、ショートカウンターを受けます。ここは素早く戻り事なきを得ます。

10分経過しますが、レッズが押し込まれる場面が多く、逆にエバトンの最終ラインまで攻め込む機会はほとんどありません。
ベンさん紹介のデータどおり、双方得点無いまま15分を超えます。

630265104
バークリーのユニフォームの様子がダービーの激しさを物語っています。

ここからレッズが敵陣でプレーする時間が増えてきます。
しかしホームの声援の後押しが効くのか、20分過ぎからは反対にレッズ陣内でのプレーが続きます。

22分にはルカクのポストプレーから左のレノンにクロスを上げられますが、クラヴァンがルカクをしっかりチェックしクリアします。

27分、ようやくレッズはジニが1stシュートを放ちますが、バーを越えていきます。

33分、ララーナが中盤から華麗に前線のオリギにつなぎますが、因縁のフネス・モリに上手くマークされてボールを失います。

630275232
37分、兄貴とフィルミーノの連携で左サイドを崩すと、兄貴から中央へのパスをマネが股抜きのスルー。
ジニから右のクラインにつなぐと、高速クロスが入ります。
少しマイナスに入ったグラウンダーをオリギは右上に大きく打ち上げてしまいます。

630266070
本人もこの表情です。

40分、マッカーシーがハムを痛めた様子でゲームが1~2分止まります。

630263998
湿度が高いとはいえ、白い息を吐きながらほぼ全員が給水する姿から試合の熱さが伺われます。

44分、バークリーが蹴った左CKに対してフィルミノのチェックが遅れ、フリーのモリに頭で叩かれますが幸運にもマウスの左に外れます。

45分、オリギが敵陣左サイドで粘り、バークリーからファールを受けます。
このFKを兄貴がファーに蹴り込みますが、ステケレンブルグに弾き出されます。
スローインを得ますが、程なく前半終了です。

後半開始からエバトンは脚を傷めたマッカーシーからバリーにサブ。
中盤の潰し屋が減ったのはレッズには朗報でしょう。

50分、早速この試合最大のチャンス。
センターライン左の兄貴からCBのギャップをついたフィルミノの抜け出しに合わせたボールが出ます。
モリが体を張ってフィルミノのドリブルコースを塞ぎ、シュートはステケレンブルグにブロックされます。

630269538
リバウンドをフィルミーノは浮き球で中央に返しますが、マネとララナが被ってしまい、拾ったクラインのシュートもモリにブロックされ得点はなりません。

57分、敵陣中央のマネからトップのフィルミノに楔パス。フィルミノはワンタッチでマネにリターン。

630266694
べインズに先着されますが、リバウンドがマネの脚に当たりボールはゴール方面へ。
しかし惜しくも枠を外れます。
このプレーでべインズとステケレンブルグが交錯し、前節のアーセナル戦同様の時間稼ぎかと思われる中断。

630266962
ステケレンブルグはしばらくプレーを続けますが、今回はリアル負傷なのか64分にロブレスにサブ。

67分、ヘンドがバークリーにアフターで倒されイエローが出ます。

630268890

パスを出して着地しま右脚をスパイク裏で押し倒すという怪我が心配になるようなプレイに対してチームメイトがバークリーに詰め寄ります。

630263908
負傷交代が心配されたヘンドでしたが、間も無くピッチに戻ってきます。
更にコールマンにもイエローが出ます。

70分、マネが倒されしばらくうずくまります。かなり頭が振られた様子を見た相手選手がプレーを切るくらいでしたが、マネはそのままプレーを続けます。

72分、エバトンはバレンシアからキャルバート・ルーインにサブ。

75分、ララナからマネ、中央のオリギとつながりますが、コールマンがカバーに入り、ゴールラインに逃られます。

77分、右のクラインからのクロスをゴール正面でフィルミノがボレーで叩きますが、バーを越えていきます。

80分、右CKを兄貴が放り込むと、またしてもゴール正面でフィルミノがボレー。
今度はゴール右隅を突きますが、ロブレスが横っ飛びでビッグセーブ。

82分、オリギからスタリッジ、ララナからジャンへのダブル・スイッチ。
スタリッジの髪型が変わってます。

85分、ゴール正面でマネが同胞のゲイェに倒されFKを得ます。
一端横のヘンドにはたいたところから放り込みますが、ファーで受けたロブレンからのミルナーへの戻しのパスが流れて一端体勢を作り直します。

630269528
中でフィルミノがトラップからボレーシュートは放ちますが、今度はDFのブロックに阻まれます。

追加タイムは負傷が多かったためか長めの8分。

このままドローかと思われた90+4分、敵陣右サイドでボールを受けたスタリッジがべインズのチェックを受けながら中に切れ込み左脚でシュート。

630275020
ディフレクトした様にも見えたボールは勢いなく右隅に転がります。

630268670
バーに当たったボールにいち早く詰めたのはスピードスター・マネ!!!

630274744

Generated by  IJG JPEG Library

発煙筒が投げ込まれる中のセレブレーション。

630265690
起死回生の一発にベンチのクラヴィーツもクロップばりのガッツポーズ(笑)。


スタジオのキャラも大喜び(笑)。

90+7分、珍しくミニョレからのフィードが前線のジャンにつながります(笑)。
ラインがバラバラな最終ラインの裏を突くスルーパスがマネに通ると、走り込んだフィルミーノがエリア内でフリーでボールを受けます。
誰もがごっつあん&ダメ押しゴールが決まったと思った瞬間にコールマンがスライディングでボールを掻き出します。

90+8分、マネに代わってルーカスが投入され、クロップは試合を畳みにかかります。
マネのチャントが鳴り響きます。

YNWAが歌われる中、試合終了のホイッスル。
試合後もマネのチャントが止まりません。

630268494
この日、最長だったと噂のクラヴァンとのハグ(笑)。

630262784
やはり怪物ルカクを抑えきったところを評価したのでしょう。

ダービーであることはもちろん、上位陣が順当に勝ってるだけに負けられない一戦でした。何とか勝ち切れたのはチーム力がなせる技でしょう。
次節はホームでのストーク戦です。
アレンの活躍に目を細めながら、首位チェルシーから離されないよう、勝ちを納めたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です